圭のおしゃべり

けい’s diary

日本流で磨きをかけることで世界を席巻した。

世界的な鉄余りや原料高に、建設機械事業の無理な拡販による損失が加わり、神鋼の業績は2017年3月期まで2期連続の最終赤字に沈む。
川崎博也会長兼社長は自動車の軽量化で需要が増えるアルミで大増産の号令をかけた。
だが工場の負担を緩和するような生産システムの導入はほとんどなく、頼みは現場のがんばりだった。
納期の遅れは許されない。
そんなプレッシャーが現場を追い詰める。
経営陣と現場の乖離が広がり、疲弊した現場でデータの改ざんが繰り返されていた。
ルノーとの連合でグローバル企業になった日産も強い現場に頼る構図は同じだ。
世界の全工場を統一の指標でベンチマークとし、効率性の高さで目に見える成果を 示す工場に生産車種を割り当てる。
社内で競わせるコンペはコスト削減で一定の成果を生む一方、副作用も生む。
九州の工場から海外に一部の生産を移転したこともあった。
グループ内のクルマの取り合いは現場を疲弊させる。
市場が成熟するなかで少しでもコストを削ろうとするあまり、現場の社員を不正に動かす芽が生じる。
強い力を持ち、本社の目が行き届かない現場はブラックボックス化。
自らが所属する組織を優先する縦割りも常態化した。
管理が行き届かないなかでいつの間にか一線を越えてしまう。
神鋼と日産の不祥事からは、そんな構図が透けて見える。
20世紀初頭から欧米諸国の背中を追い続けた日本の製造業。
トヨタ自動車は米国に学び、官営八幡製鉄所はドイツか ら専門家を招いて産声を上げたが、日本流で磨きをかけることで世界を席巻した。
燃費性能の高いクルマは自動車大国の米国で認められ、使いやすく安い家電は世界に輸出され、日本に経済成長をもたらす大黒柱となった。
話は変わって、マスターホワイトの口コミは良くエディブルシルクは肌のバリア機能を強化するハリ・キメ強化成分です。
絹に含まれるタンパク質であり、まるで絹を食べているような効果が得られるエディブルシルクは健康食品やサプリの原料として注目を集めています。
肌にハリを与えてシルクのような滑らかな状態にすることができます。
マスターホワイト口コミ